EVENT REPORT

11月24日-25日  大豆の収穫  イベントREPORT
 
2007.11.24-25  更新日 2007.11.26 text:宮田 武宏

イベントは「大豆収穫」と銘打っていますが、なんと今年は11月末なのに大豆が収穫できませんでした。
大豆は、木が枯れて鞘から実がはじけるくらいが収穫時期なのですが、今年はまだ葉が青いのです。
これも温暖化の影響なのでしょうか・・・

そこで、今回の王国イベントは、作業内容を変更してタマネギ定植を行いました。
タマネギの苗は、今年初めて王国で育てた苗です。
午前中に苗とりをして準備しました。
第一農場に植えたのですが、畑のコンディションが悪く、がちがちの畑に植えることになりました。
竹べらで穴を掘り、周りから土を寄せ、上から籾殻をかけます。
10人強の人数で、2000本あまりを植えました。

タマネギを定植している最中に、熟年世代の方々が大騒ぎをして取り組んでいるものがあります。
それは・・・
山芋掘りです!
かなり盛り上がっており、わざわざ呼ばれて写真を撮ったほどです。

タマネギ定植を終えると、そのすぐとなりの、なすびとピーマンの片付け、マルチはがしです。
今年の3月に張り、8ヵ月後の今日に片付けです。
マルチ押さえの土をスコップで掘り、どんどんはがしてたたみます。
身体を動かして、いい汗をかきました。
大勢で行うと、どんどん仕事が進みますね。

夜の宴会は、さすがに寒かったので、山小屋で行いました。
Nシェフの登場で、肉団子スープ、大根のべっこう煮。
それに加えてサトイモの衣担ぎ、煮物。
先ほどの山芋で作ったとろろ汁!
本当の自然薯なので、香りがよくとてもおいしかったです。
ちょうどこの日は満月で、焚き火を囲みながらお酒を飲みました。
最高の宴会日よりでしたね。

翌日も、引き続き畑作業です。
3年前の王国畑のように、スコップを使っての畝たてからスタートしました。
ラデイッシュ、ほうれん草、小松菜、カブを丁寧に播きました。
水遣りをして、不織布をかけて終了です。
おっとこれで終わりかと思いきや、まだ時間が1時間ほどある。
では、第一農場に移動して、ツルムラサキの片づけをしましょう!
隣に植わっている唐辛子を収穫して、この夏がんばってくれたツルムラサキをどんどん抜いていきます。どんどん、とはいっても根がしっかり張り、
なかなか抜けません。スコップを使って、株ごと掘りあげる、といった調子でした。
抜いた株は堆肥置き場に積み、3年ほど寝かせます。
いつか彼らも土になるでしょう。

今回の王国イベントは、臨時作業ばかりで、ある意味目玉となるものがありませんでした。
参加者の皆さんの意見を聞いてみたいところですが、私としては王国会員のみなさんと王国農園の仕事を一緒にできることは嬉しいです。
普通ではできない作業、という位置づけもできるし、地味な作業の積み重ねで農業、農的生活は成り立っているのだ、と感じることができるからです。
会員と作ってゆく王国活動を楽しくやっていきたいです。

さて、来月は忘年会。
大豆はおそらく12月初旬に収穫し、忘年会では脱穀から選別を行うようになるでしょう。
選別は細かい作業なので、なるべく多くの人数でやりたいですね。
2007年最後なので、石窯を使った料理を予定しています。
こんな料理を作りたい!という方ぜひ手を上げてくださいね。
ではでは、来月またお会いしましょう。






















http://www.k-sizenohkoku.com
kingdom@viola.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2000-2004 Kamogawa shizen ohkoku All rights reserved.